HMBサプリはドーピングになるの?筋肉肥大でも副作用は嫌!

HMBサプリって何?

 

 

運動が好きな人や、ダイエットを考えている人、最近老いを感じている人などにとって、基礎代謝をあげて体に力を与える筋肉の量を増やすためのトレーニングはとても大事です。しかし筋トレといってもやり方がいまいち分からないという人は少なくありません。

 

腕立て伏せとか腹筋とかスクワットなど、よくある筋トレメニューがだいたい体のどの部分を鍛えるかは漠然と知っているとしても、効率的な筋トレはできていないというのが現実でしょう。

 

しかし、ちょっとしたポイントを押さえれば効率的な筋肉のバルクアップは可能です。そのコツの一つとして今注目されているのは「HMBサプリ」です。

 

このHMBサプリは、最初にアメリカで生み出されたものですが、日本でも2010年からこのサプリが販売されるようになっています。

 

スクワットの筋トレ

 

このサプリの何が良いかと言うと、筋肉を効率的に増やし、そして分解されるのを妨げる効果があることです。HMBは必須アミノ酸のひとつ「ロイシン」から作られるもので、もともとはプロテインに含まれる成分です。

 

プロテインが筋肉の材料になるのに対し、HMBはその材料を効率的に筋肉に合成していくための指令を出す作用があります。

 

ですから、このHMBを積極的に摂取することで、筋肉の量を増やしやすくなるのです。

 

 

「筋肉肥大に役立つ」ということはドーピングなの?

ここまで見ると、一見HMBサプリは筋力増強効果があるということでドーピングのようなものに見えるかもしれません。

 

しかし、これはドーピング検査に引っ掛かるようなものではありません。実際今のところ検査に反応が出たという報告は出ていません。

 

アスリートなど一流の運動選手の場合は念のため医師などのアドバイスを受けたほうが良いですが、ドーピングに引っかかることで有名なステロイド系の「テストステロン」といった成分とは異なるものです。上記のようにHMBサプリはアミノ酸からきています。テストステロンは男性ホルモンです。

 

両者は、異なるものが由来なので心配する必要はありません。

 

また副作用についてですが、HMBサプリに関しては今のところ大きな副作用は報告されていません。もともと体内でも合成される成分ですし、危険性についても心配はないでしょう。

 

効果的な筋トレ

 

HMBサプリを賢く使えば、効果的な筋トレが可能になります。これまで筋トレに失敗してきた人は、一度HMBサプリを取り入れてリベンジしてみてはいかがでしょうか。ただし一つ注意すべきなのが、推奨摂取量は守りましょう。

 

HMBサプリの一日の目安量は3グラムですが、これを超えて過剰摂取しないようには気をつけましょう。