HMBサプリの副作用と対策!筋トレにメリットがあっても飲みすぎ注意

HMBサプリのメリット

 

 

「筋肉をもっと効率よくつけたい」と男性なら誰でも思ったことがあるでしょう。でも筋トレしてもなかなか効果が出ない気がして、いつの間にか筋トレをやめてしまうことが多くあります。

 

実は筋トレにはコツがあり、筋トレをハードにやれば筋肉がつく気がしますが、筋トレに必要なエネルギーが不足すると実は体は筋肉を分解してエネルギーを作るのです(「カタボリック」と呼ばれる)。

 

そのため、無理な筋トレをすると「いたちごっこ」のような事が起こるわけですが、この時の筋肉分解を防ぎ、筋肉の超回復に必要な栄養を補うことが大事です。

 

筋トレの栄養

 

また筋肉のもととなるたんぱく質は筋合成のためだけに使われるわけではないので、摂取したタンパク質やアミノ酸を筋肉生成のために使わせるかがポイントです。

 

そんな2つの希望を叶えてくれるのがHMBという成分です。

 

これは必須アミノ酸のロイシンから生成されるものですが、この成分にはカタボリックを抑制し、たんぱく質をより筋肉生成のためへと使用されるように促す作用があります。

 

このHMBに特化したサプリをたんぱく質(プロテイン)と併用することで、効果的なトレーニング結果が生み出されます。

 

 

HMBサプリに副作用はある?

このようにボディのバルクアップに効果的なHMBサプリですが、気になるのは副作用です。

 

日本では2010年から販売されていますが、体に何か悪い影響が出ることはないでしょうか?

 

まだ発売されてからそれほど時間がたっていないということもありますが、現在のところ明らかな副作用は報告されていません。

 

HMBサプリは基本的に、たんぱく質を構成するアミノ酸・ロイシンの代謝産物です。ですから危険性はとても低いと考えられています。ただし過剰摂取には注意が必要です。

 

HMBサプリの過剰摂取

 

どんなサプリメントにしても「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですが、このHMBサプリについても同様です。

 

HMBサプリの推奨摂取量は一日あたり約3グラムですが「筋肉をもっと増やしたい」と安易に考えて大量に摂取すると良くありません。胃や肝臓への負担が懸念されるので、必ず既定の推奨摂取量を守ることが大事です。

 

筋肉を作るたんぱく質

 

 

ちなみにHMBサプリだけでなく、複数の食材由来のたんぱく質摂取も意識するのが大事です。

 

体重に1.5をかけた数字にグラム単位をつけた量が一日のタンパク質摂取量の目安ですが、もし不足している場合、タンパク質もサプリや追加の食事でカバーするか、食生活を改善することを考えましょう。