筋トレに欠かせないHMBとクレアチンの相乗効果

HMBを利用するアスリート

HMBサプリは、効率の良い筋トレをサポートしてくれるサプリメントとして、数多くのアスリートやボディービルダーから愛用されています。

 

最近では、BCAAや各種ビタミンなど、筋肥大効果を高める他の栄養素を配合したサプリメントも数多く登場しています。

 

中でも注目されているのがクレアチンを配合したサプリメントです。

 

では、2つの栄養素を合わせて摂取することにはどんな効果があるのでしょうか。

 

HMBとクレアチンの効果を知る

HMBは「筋肉の成長をサポートする」という特徴があります。

 

タンパク質の変換効率をアップさせて、厳しいトレーニングでダメージを受けた筋肉をスピーディーに回復させることができます。

 

また、筋繊維1つ1つを強くして大きくするという作用もあります。

 

ただし、HMBは摂取後わずか数時間で働きが弱まってしまう、というデメリットがあります。

 

ですから、摂取の理想的なタイミングはトレーニング直後です。

 

特に終了後30分以内は、栄養素の吸収効率が飛躍的にアップすることから「筋肉のゴールデンタイム」と呼ばれており、そのタイミングでタンパク質をたっぷりと含んだプロテインと合わせて摂取すると良いでしょう。

 

一方、クレアチンには「筋肉の耐久力と瞬発力をアップさせ、パフォーマンスを向上させる」という働きがあります。

 

特に、ウエイトトレーニングなど短時間で高強度のトレーニングをする場合には、クレアチンを事前にたっぷりと摂取しておくことで、より負荷の高いトレーニングをより多くの回数行うことができるようになります。

 

また、エネルギー源である糖質がなくなってしまった場合には、代替エネルギー源として消費されます。

 

これにより、筋繊維内に蓄えられたタンパク質の分解を抑制し、筋肉量の減少を防いでくれるというわけです。

 

クレアチンは「栄養素を筋肉に蓄積しておくことができる」という利点があります。

 

ですから、筋トレの有無に関わりなく、毎日摂取しておくと良いでしょう。

 

 

これら2つのサプリを併用すると筋トレの効率は大きくアップする

クレアチンの効果によって高負荷のトレーニングをより多くの回数行うことができ、HMBの効果によって筋肉はより短い期間で確実に大きくなります。

 

また、どちらも筋肉の分解と減少を防ぐ作用およびプロテインの吸収を高める働きがあります。

 

ですから、これら2つのサプリを併用することによって、筋肥大の効率は確実にアップするはずです。

 

加えて、脂肪を燃焼させる働きや血流を促進して活性酸素を排出する効果もあるので、ダイエットや健康維持を目的としてトレーニングをしている人にはおすすめです。

 

ただし、どちらのサプリメントも摂取の目安となる量が定められており、それを超えると腎臓や肝臓に強い負担がかかる可能性があるということも覚えておきましょう。