副作用は大丈夫?持病によってはHMBサプリは避けて!

HMBは副作用の心配は低いけど・・

 

 

HMBサプリは現在、筋肉増強効果や筋肉分解抑制効果が注目される筋トレ界では話題のサプリです。有名な芸能人や俳優、アーティストが利用していることでも話題になっています。HMBはステロイドなどの増強剤とは違い、必須アミノ酸である「ロイシン」が代謝されて生成されるものです。

 

たんぱく質を効率よく筋肉に取り込む作用があり、筋トレ初心者に特に効果的とされていてこれからも人気が見込まれます。しかも副作用については、断言はできないものの大きな問題例が報告されているわけではないので、安全なサプリとも言われています。しかし誰にとっても100%というものはありません。

 

HMBサプリの摂取については、場合によっては避けておく方が賢明といえることもあります。例えば持病があればそうです。

 

 

HMBサプリの利用は自分の体調に合わせて控えよう

HMBサプリの中にはBCAAなどの成分が配合されているものがあります。

 

BCAAは「分岐鎖アミノ酸」と呼ばれるもので、「ロイシン」と「バリン」「イソロイシン」の3つのアミノ酸から成っています。BCAAは筋肉疲労抑制効果や筋肉を合成するたんぱく質同化作用があるので筋トレには効果的な成分です。

 

さらにたんぱく質と並んで3大栄養素と言われる糖質や脂質代謝をコントロールするともされています。

 

そういうわけでバルクアップを目指す人や脂肪が気になる人にも魅力的なBCAAですが、服用した人の中で肝疾患や代謝異常、神経に関する疾患などを抱えていて問題が起きたという報告もなくはありません。

 

また、気になるのはアレルギー反応です。人によってはたくさんのアレルギーを抱えている人がいますが、BCAAやHMBのみならず、サプリに配合されている他の成分に対するアレルギー反応も危惧されます。

 

ですから、もし使用を考えているけど、何らかの持病がある人は必ず先に医師に相談するようにしましょう。

 

また、相談した結果、はっきりした不安が指摘されなかったもののリスク懸念が払しょくされないのであれば無理に使用する必要はありません。

 

HMBやその他の成分は効率的なバルクアップを図れるので魅力的とは言え、健康を害しては元も子もありません。

 

糖質制限ダイエットや過度の筋トレにも共通していますが、目標は高く持ちつつもその手段に問題があればそれはベストな選択ではありません。

 

HMBサプリは2010年ころから広まりだした日本では比較的新しいサプリです。ですから万全を期して、持病がある場合の利用についてはシビアな見方が必要です。