HMBサプリと飲み合わせの良いサプリメント!クレアチンが相性よし

HMBサプリの役割

 

 

最近HMBサプリがだいぶ人気になってきています。アーティストのGACKTさんも愛用していると言われるサプリですが、筋トレの効果を飛躍的に高めるとして大きく宣伝されているので、CMなどを見たと言う人も少なくはないでしょう。

 

このHMBサプリは、簡単に言えば筋肉を増強すると同時に、筋トレなどによって分解されてしまう筋肉をキープする効果があります。

 

言ってみればたんぱく質が筋肉の材料だとしたら、HMBは筋肉を作るように働きかける作用があります。

 

「筋肉を強める」というとプロテインのイメージが特に強いですが、HMBはもともとプロテインがいろいろなプロセスを経て分解されて、最終的に必須アミノ酸の「ロイシン」から生成される成分です。

 

「ならプロテインを飲めばいいじゃないか?」と思うかもしれませんが、プロテインからだとHMBは摂取できる量が少なくなり効率が悪いです。

 

プロテインを疑う男性

 

ですから、最初からHMBサプリでHMB成分を多量に摂ったほうが良いのです。あるアーティストの気にいった曲をいくつか聞くために複数のアルバムを買うより、それらの曲がつまったベストアルバムを購入するほうがムダがないのと同じようなものです。

 

ただし、HMBサプリだけを飲めばいいというわけでもありません。HMBサプリと組み合わせるとバルクアップが効率的になるサプリメントもあります。

 

 

クレアチンの併用のススメ

HMBサプリと合わせると良い成分の一つは「クレアチン」です。

 

これは「メチルグリコシアミン」の呼ばれる物質で、筋肉を動かすエネルギー合成のサポートをしてくれるものです。

 

ベンチプレスをする男性

 

少し複雑な説明になりますが、筋肉を動かすには「ATP」と呼ばれるエネルギー源が必要で、これは通常脂肪や糖から作られます。

 

しかし、ウェイトリフティングや瞬発力が必要な短距離走といった短時間の強度の強い運動をする時は、ATPは「クレアチンリン酸」というものによって素早く合成されます。

 

このクレアチンリン酸を余ったATPと結合して合成してくれる成分、それがクレアチンになります。いろいろな成分が出てきたので少し分かりにくいかもしれませんが、ようは瞬発力のある無酸素運動のパフォーマンスを高めてくれる成分だということです。

 

このサプリは、オリンピック選手の多くも使用しているという優れ物なので、HMBサプリと併用することによって筋トレ効果をより増大させることにつながります。

 

ちなみにHMBサプリもクレアチンサプリも特にこれといった副作用が報告されていないので、安心して使うことができるのもうれしい点です。