ダイエットもできる筋トレ方法まとめ!大腿四頭筋や大殿筋、三角筋がおすすめ

ダイエットにつながるトレーニング方法は?

 

 

筋肉トレーニングをしようと決意する理由は人によってそれぞれです。

 

ムキムキマッチョを目指したい人、ダイエットを狙いたい人、体力の衰えを感じていて筋肉を増やしたい人などです。

 

ここでは、ダイエット効果を期待できるトレーニング方法についてまとめてみたいと思います。

 

脂肪燃焼のためには有酸素運動が効果的とよく言われますが、無酸素運動といわれる筋トレも忘れてはなりません。

 

脂肪を燃焼するのも大事ですが、太りにくい体質にすることも大事だからです。

 

筋トレをすると基礎代謝がアップします。基礎代謝は何もしなくても生きているだけで消費されるエネルギーです。

 

つまり基礎代謝があがると摂取したエネルギーがちゃんと使われるので摂取エネルギー過多になりにくいのです。

 

 

まずは太ももとお尻、背中、肩などを鍛えよう

太い太もも

ダイエットトレーニングと聞くと、ランニングマシンなどを使うイメージが強いですが、意識すると良いのは大きな筋肉を鍛えることです。

 

筋肉の大きさは同じではありません。例えば下半身の筋肉は上半身の筋肉よりも大きいですし、太ももの筋肉はお尻の筋肉よりも倍近くの体積があると言われています。

 

大きい筋肉を鍛えると、自然と小さな筋肉も稼働するので効率がよく、疲労しにくいのでトレーニングが長続きするなどの効率の良さがあります。

 

ですから、大腿四頭筋や大殿筋、三角筋や僧帽筋、広背筋などを意識して鍛え始めましょう。

 

各筋肉のトレーニング方法

ダンベルで太もものトレーニング

骨格筋すべての鍛え方をまとめることはできないので、まずは上記の代表的な大きい筋肉のトレーニングについてご紹介します。

 

まずは、下半身の大腿四頭筋や大臀筋の鍛え方ですが、スクワットが有効です。最初はけっこう疲れますが、腰に負担をかけないように工夫したスクワットはたくさんの大きな筋肉を使うので筋トレの王道です。

 

ダンベルや他の何か重い代替物を持って行うと効果的です。

 

背中の広背筋には懸垂が良いでしょう。こちらもきつめですが、上半身も下半身も鍛えることができます。

 

上半身の最大筋肉である三角筋にはアーノルドプレス、僧帽筋にはシュラッグという方法が良いです。

 

それぞれのトレーニングの方法については、実際に動画などを確認したりジムのトレーナーに教わるのが視覚的に覚えられて効果的です。

 

バランスの良い食生活や有酸素運動も忘れずに

ダイエットにバランスの良い食事

ここでは筋トレについて強調しましたが、もちろん筋トレだけやれば効果的なダイエットになるわけではありません。

 

筋トレをやっても糖質やカロリー過多になれば効果が低減してしまいます。

 

また有酸素運動は冒頭で書いたように脂肪燃焼効果があるので、HMBサプリメントとともに、こちらも併用してダイエットを目指しましょう。

 

ウォーキングなど最初は簡単なものから始めると習慣付けやすくなります。

 

これらの事を踏まえてダイエットに臨めば、減量だけでなく強い体作りにもつながって健康をキープしやすいので、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

 

男性に筋トレをおすすめするワケとは